Loading

BLOG

営業デビュー!!

SONY DSC

こんにちは。廣瀬です。先日、営業デビューさせていただきました。

SONY DSCデビューと言っても横で頷いているだけでしたが。笑

それでも大学生の私には味わったことのない緊張感、臨場感でした。

入り口からドラマのようなロビーで待機し、案内された会議室でまずは名刺交換。

これは前に初めてやったときにグダグダすぎたので、めっちゃ練習しました。汗

ちゃんとできていたみたいで良かったです。

 

それよりも今回難しかったのは、お茶を飲むタイミングです。

あれって難しくないですか?笑

変なタイミングで飲んでしまって話を遮ってしまうことを思うと、なかなか手をつけられませんでした。

あと2時間ずっと背筋伸ばして座っていたら、背筋がつるかと思いました。

普段、姿勢悪いのが仇となりましたね。鍛えておきます。

さて本題に入ります。

今回初めて目の前でリアルな営業のやり取りを見させていただきました。

それはもう凄まじい攻防戦でした。

瞬き厳禁、いや一言一句聞き逃してはいけないと思いながら聞いていました。

 

何よりも驚いたのは、その情報量と知識量です。

何を聞かれても、戸惑うことなくすぐ返せる知識量。

これを「知らない、分からない」で済ませてしまったり、曖昧な返事をしてしまうと相手に不信感を与えてしまいますよね。

ジャンルを問わず広い広い知識が必要であることを実感しました。

今回の話し合いの中で出てきた話題は、最低限でも調べておこうと思います。

あと意外とちょっと興味があって調べていたこととかが、その場では大きな話題の中心になったりすることもあるんですよね。

なのでやっぱりジャンル問わず幅広い知識を身に着けていかなければと思いました。

もう一つ感じたのは駆け引きの様子についてです。

先ほども「攻防戦」と表現したのですが、スポーツをずっとやってきた私にはその駆け引きが一種のスポーツの試合のように見えました。

分かりやすく競技で示すとすれば、剣道ですかね。

やったこと、見たこともない人もいると思うので少し説明すると、剣道の攻撃には大きく二つあります。

一点突破で自分から1本を取りに行くもの、それとは逆で相手に先に打たせて出てきたところを取りに行くいわゆる誘い技というものです。

今回の駆け引きはどちらかというと後者の誘い技の方なのかなと感じました。

こちらが持っている情報を少しずつ小出しにし、相手の反応を見ながら、ちょっと乗り気になったところをグッと一気に攻めるような、そんな駆け引きだったと思います。

伝わってますかね。笑

 

私自身、今回の営業が初めてだったので他のものとの比較ができずまだまだ分からないことばかりです。

もしかしたら一点突破なんて戦い方は営業にはないのかもしれません。

そう考えると次からの戦い方もどうなるのかとても楽しみです。

「戦い方」という表現自体おかしいかもしれませんね。

 

そろそろ長くなってきました。今回はこれぐらいにします。

また、新しい発見や戦い方を見つけたら報告させていただきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

廣瀬春菜

iPad Pro10.5インチとレザースリーブ

夏仕様にイメチェン

関連記事

  1. 伊勢新聞(平成30年8月2日)朝刊に掲載いただきました!

    2018.08.20
  2. 大雪…

    2017.01.15
  3. デキナイ社員の特徴 愚痴ばかり言う

    2017.08.13
  4. 営業代行って何してくれるの?①

    2017.04.09
  5. 大学で講師をしてきました

    2016.11.30
  6. プレスリリースの発信と取材対応

    2016.11.16
PAGE TOP